キスゲ平成30年(2018年) 伊吹山もりびとの会 伊吹山自然観察会のご案内

今シーズンの自然観察会は伊吹山山頂付近において5月から10月までに咲く草花や花木など、お花畑の一年の流れを観察
します。その中で伊吹山の歴史、文化、自然に触れながら季節ごとに変わるお花畑の野草や樹木そして山に生息する動物や
昆虫との関わりなど伊吹山を広く知る機会にしたいと思います。案内は伊吹山もりびとの会会員観察会メンバーが担当します。
尚 6・7月は伊吹山文化資料館の高橋順之氏を招き、伊吹山の自然や歴史などを要所で分かりやすく説明して頂きます。
多くの方の参加をお待ちしております。

実施日 予備日 見られる花
5月22日(火) 5月24日(木)  ヤマトグサ、ニホンタンポポ、フデリンドウ、ホソバノアマナ、ヤマエンゴサク
 ヒメレンゲ、ニリンソウ、イブキハタザオ、ハクサンハタザオ など
6月20日(水) 6月22日(金)  クサタチバナ、グンナイフウロ、イブキシモツケ、カノコソウ、コバノミミナグサ
 カマツカ、ヒヨクソウ、サワフタギ、ヒメフウロ、ヒメレンゲ など
7月17日(火) 7月18日(水)  イブキフウロ、ハクサンフウロ、イブキトラノオ、キンバイソウ、ヤマホタルブクロ
 イブキジャコウソウ、コオニユリ、メタカラコウ、クガイソウ、ミヤマトウキ、シシウド
 シモツケ など
8月17日(金) 8月21日(火)  サラシナショウマ、イブキトリカブト、ワレモコウ、ツリガネニンジン、ハクサンフウロ
 ノダケ、マルバダケブキ、キオン、イワアカバナ、ミツモトソウ、クルマバナ など
9月12日(水) 9月14日(金)  シオガマギク、リンドウ、コイブキアザミ、アキノキリンソウ、ミツバベンケイソウ
 ワレモコウ、ミツバフウロ、アケボノソウ、クサボタン、ツルニンジン、ジンジソウ
 オオヒナノウスツボ など
10月17日(水) 10月19日(金)  リュウノウギク、リンドウの花、マユミやコマユミ、サワフタギなど木の実や
 山野草の種の他、空気が澄んだ秋の空は山頂からの琵琶湖やアルプスの
 風景を楽しみます。

共通項目
集合場所  伊吹薬草の里文化センター (地図を表示する)
集合時間  午前9時(午後3時ころには集合場所に戻る予定)
持ち物   弁当、雨具、筆記用具、帽子など山歩きができる服装
参加費   500 円(ドライブウェイ通行料と燃料費、保険に充当します)当日徴収します。
※当日天候などによって中止(延期)の場合は参加者にメールまたはTELにて連絡します。
※参加の方には観察会当日に見られる花のガイドブック(1冊)をプレゼントします。
※15歳以下の子供さんは保護者同伴でお願いします。

各観察会の内容と申し込みはこちら

矢印 各観察会の受付けは1ヶ月前から始めます。
天気による決行、中止の判断は概ね下記のように考えています。
前日17:00の気象庁発表、滋賀県北部の降水確率で判断します。 http://www.jma.go.jp/jp/yoho/334.html
1.AM 50%を超える場合は原則として中止とし、参加者にTELなどで連絡致します。
2.AM 30%以下は決行。