2020年度 伊吹山もりびとの会 伊吹山自然観察会のご案内

今シーズンの自然観察会は伊吹山3合目(4月)と山頂付近(6月、7月、9月)において、4回開催します。4月は3合目においてスプリングエフェメラルを、6月、7月、9月は山頂周辺に咲く草花や花木など、お花畑の一年の流れを観察します。その中で伊吹山の歴史、文化、自然に触れながら季節ごとに変わるお花畑の野草や樹木そして山に生息する動物や昆虫との関わりなど伊吹山を広く知る機会にしたいと思います。

矢印 各観察会の受付は約1ヶ月前から始めます。矢印

4月18日(土)この時期3合目は、スハマソウ、アマナ、カタクリ等々スプリングエフェメラルが見れます。
2合目までは車で、2合目から3合目までは自力で登り、3合目周辺を散策して春を待ちわびて咲き始めたスプリングエフェメラルの花々を楽しみつつ、様々な植物の芽出しの様子などを観察します。

観察会の申し込みはこちらをクリック  

6月14日(日イブキシモツケやクサタチバナ、グンナイフウロが見頃を迎えます。
8合目駐車場まで車で上がり、西登山道から登り、山頂を周回して初夏から咲き始めたたくさんの花々をお花畑を散策しながら観察します。

この観察会の申し込みはまだ受付ておりません  

7月24日(金)シモツケソウの開花が始まり、クガイソウ、ヤマアジサイが綺麗です。
午前中は同日に開催される夏のガイドのための事前研修会に会員と一緒に参加し、伊吹山の歴史やくらしについての講義をききます。午後は8合目駐車場まで車で上がり、西登山道から登り、山頂を周回して咲き始めたたくさんの真夏の花々を観察します。

この観察会の申し込みはまだ受付ておりません

9月5日(土)サラシナショウマ、イブキトリカブト、シオガマギク等々秋の花が咲き競います。
8合目駐車場まで車で上がり、西登山道から登り、山頂を周回して咲き始めた秋の花々を観察します。

この観察会の申し込みはまだ受付ておりません

共通項目
集合場所  伊吹薬草の里文化センター (地図を表示する)
集合時間  午前9時(午後3時ころには集合場所に戻る予定)
出発地点までの移動方法  参加会員の車に分乗
持ち物   弁当、雨具、筆記用具、帽子など山歩きができる服装
参加費   500 円(ドライブウェイ通行料と燃料費、保険に充当します)当日徴収します。
※当日天候などによって中止の場合は参加者にメールまたはTELにて連絡します。
※上記で中止となった場合でも予備日の設定はありません。
※参加の方には観察会当日に見られる花のガイドブック(1冊)をプレゼントします。
※15歳以下の子供さんは保護者同伴でお願いします。

天気による決行、中止の判断は概ね下記のように考えています。
前日17:00の気象庁発表、滋賀県北部の降水確率で判断します。 http://www.jma.go.jp/jp/yoho/334.html
1.AM 40%を超える場合は原則として中止とし、参加者にTELなどで連絡致します。
2.AM 30%以下は決行