2021 年度活動計画(保全活動除く)

            ◇山頂周辺ボランティアガイド    

 夏のボランティアガイドの活動は、伊吹山で30年の歴史を刻む私たちの原点となる活動です。今シーズンも花の最盛期に山頂部周辺等で植物のガイド・伊吹山の自然や歴史の説明・観察会を行います。

 ・活動期間  7月24日(土)〜8月8日(日)の16日間
          ※ただし8月2日(月)〜8月8日(日)はシモツケソウ再生地前のみ
 ・活動時間  午前10時から午後2時まで(約4時間)
 ・活動場所  山頂部とその周辺、シモツケソウ再生地とその周辺、西登山道上

             ◇エコツアーガイド

 旅行会社、バス会社および各種団体等からの依頼で専門ガイドを希望される場合に案内します。伊吹山の自然と歴史から四季折々の野草などをツアー参加者にわかりやすくガイドします。 

            ◇夏のガイドのための事前研修会

・研修日時  7月17日(土)  午前10時から
・研修場所・内容 午前中 「伊吹山の歴史とくらし」講義  高橋順之氏(米原市伊吹山文化資料館) 
           午後  シモツケソウ再生地前および山頂部で直接来山者にガイドする現場研修

            ◇他団体主催イベントへの協力

・「山の日」の日本自動車道(株)主催イベントへの協力
 毎年山の日恒例イベントとして、今年は8月9日(祝)に開催されます。真夏の活動のフィナーレとして、登山道入口でガイドブックの配布と西登山道および山頂部で花のガイドを行います。

・伊吹山を守る自然再生協議会主催イベントへの協力
 8月10日(火)〜11日(水)の2日間、昨年から実施されるイベント(内容は未定)に協力します。 

            ◇伊吹山自然観察会開催

 今シーズンの自然観察会は、伊吹山3合目と山頂付近において4回実施計画しました。現役世代の方々にも参加してもらいやすいよう、すべての実施日を土曜日に設定しました。その中で伊吹山の歴史、文化、自然に触れながら季節ごとに変わるお花畑の野草や樹木そして山に生息する動物や昆虫との関わりなど伊吹山を広く知る機会にしたいと思います。会員と一緒に伊吹山と植物について学びましょう。案内は伊吹山もりびとの会会員観察会メンバーが担当します。多くの方の参加をお待ちしております。  
実施日  観察コース 見られる予想の花
417()   2合目から3合目まで登山 3合目の散策  アマナ、キバナノアマナ、ヒロハアマナ、カタクリ、ヤマエンゴサク、ニリンソウ、スハマソウ、ヒトリシズカ、エイザンスミレ、ツルキジムシロなど 
5月22()  8合目駐車場から山頂周回  ヤマトグサ、ニホンタンポポ、フデリンドウ、ホソバノアマナ、ニリンソウ、ヒメレンゲ、ヤマエンゴサク、イブキハタザオ、ハクサンハタザオ、ヒメイズイなど 
6月12() 8合目駐車場から山頂周回 クサタチバナ、グンナイフウロ、イブキシモツケ、カノコソウ、ミヤマコアザミ、イブキノエンドウ、ヒヨクソウ、ヒメフウロ、ヒメレンゲ、ツルアジサイなど 
8 21() 8合目駐車場から山頂周回  サラシナショウマ、イブキトリカブト、ツリガネニンジン、ノダケ、ワレモコウ、アケボノソウ、クサボタン、シオガマギク、ミツバフウロ、オオヒナノウスツボ など  

共通項目

集合場所  伊吹薬草の里文化センター (地図を表示する)
集合時間  午前9時(午後3時ころには集合場所に戻る予定)
出発地点までの移動方法  参加会員の車に分乗
持ち物   弁当、雨具、筆記用具、帽子など山歩きができる服装
参加費   500 円(分乗車の燃料費、保険等に充当します)当日徴収します。
※当日天候などによって中止の場合は参加者にメールまたはTELにて連絡します。
※上記で中止となった場合でも予備日の設定はありません。
※参加の方には観察会当日に見られる花のガイドブック(1冊)をプレゼントします。
※15歳以下の子供さんは保護者同伴でお願いします。

天気による決行、中止の判断は概ね下記のように考えています。
前日17:00の気象庁発表、滋賀県北部の降水確率で判断します。 http://www.jma.go.jp/jp/yoho/334.html
1.AM 40%を超える場合は原則として中止とし、参加者にTELなどで連絡致します。
2.AM 30%以下は決行


過去の保全活動以外の計画